お知らせ

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

[2018-11-08]

平成30年11月3日、東京駅八重洲南口の真向かいにある、ユニゾ八重洲ビル(Unizo八重洲大厦)三階のフクラシア東京(福良奇雅東京)にて、本年度第6回目の沖縄不動産投資セミナーを開催いたしました。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

大阪に続き、今回も秋晴れ。いい天気です。どこかに出かけたくなるような陽気ですが、セミナーに来てくださることを祈念するしかありません。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

今回から東京会場も第1回が13時開始、第2回が16時開始になりました。共用スペースも広く、スペースに余裕のある会場です、東京駅からのアクセスも抜群です。スタッフで設営を行います。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

エレベーターを降りると、目の前に案内板が見えますので、参加者がスムーズに会場へと向かうことができます。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

このセミナーは沖縄県の事業である、「中小企業課題解決プロジェクト推進事業」のうち、「企業連携プロジェクト」として、沖縄県内で新築マンション開発事業を行うエールクリエイト株式会社及び株式会社住太郎ホーム、そして設計会社の株式会社チームアルファの三社からなる、プロジェクト連携体として、セミナーを主催しています。

セミナーは4部構成です

  1. 沖縄の不動産事情
  2. 沖縄の風土に合った住まいの設計
  3. 物件紹介(エールクリエイト)
  4. 物件紹介(住太郎ホーム)
第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

まずは、エールクリエイトの伊敷常務より開会の挨拶及びセミナーの趣旨説明がありました。続けて、沖縄の不動産事情について説明がありました。

沖縄県の人口は約145万人。その大半が沖縄本島の中南部に分布しています。そのため、分譲マンションも人口分布に基づいて、本島中南部に集中している旨の解説がありました。人口の多い市は、那覇市(32万人)、沖縄市(14万人)、うるま市(12万人)、浦添市(11万人)であり、これに宜野湾市(10万人)が続きます。上位5市だけで約80万人、沖縄県民の半数以上が住んでいることになります。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

続いて、株式会社チームアルファの島袋氏より、沖縄の風土に合った住まいの設計について説明がありました。これまでの実績として、米軍施設跡の街づくりのシンボルマークとして、北谷町美浜地区に建設した観覧車と一体の商業施設、本島南部の南城市にあった旧厚生年金休暇センターのリニューアル・プロジェクト、そして、昨年オープンした、リゾートウエディングの専門学校の建物の紹介と解説がありました。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

いよいよ物件紹介です。エールクリエイトからは、分譲中三棟、準備中一棟の物件説明がありました。ワイズグレイスシティ古島が完売したとの報告があり、続いて、ワイズグレイスシティ赤嶺の紹介がありました。

続いて沖縄市にある沖縄南インターチェンジ近くに位置するワイズグランスカイ南桃原。学校やスーパーが近いだけでなく、県内各地の観光地は主要施設への交通アクセスにも優れた、便利な街が特徴です。

ワイズエステムコート北谷パークヒルズは、東シナ海に面した西海岸の空と海を見渡す立地が自慢です。リゾートエリアとして人気の高い北谷町に位置します。

最後に、那覇市の中心部に建設予定のワイズグレイシティ久茂地について説明がありました。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

住太郎ホームの佐々木氏からは、事業説明及びガーデニングへのこだわりの説明に続いて、3物件の紹介がありました。ベアーズコート上勢頭、ベアーズコートライカムグランデ、ベアーズコート桑江パークサイドです。すべて沖縄本島中部に位置します。最後に、北谷(ちゃたん)町にあるモデルルームの説明がありました。来沖の際に連絡すれば、モデルルームと物件だけでなく、有名なヤギ料理の店までご案内します、とのことでした。

多くの方がセミナー終了後に、沖縄や県内不動産について質問されていました。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

第1回のセミナー終了後はランチです。ヤエチカこと八重洲地下街でチラシ寿司をいただきました。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

16時からの第2回セミナーも盛況のうちに終わりました。本日のセミナーは申し込みが13組(15名)、参加が11組(14名)でした。ありがとうございました。会場の片づけが終わった後に見えた、グラン東京の夜景がきれいでした。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京
カテゴリー: セミナー タグ: