お知らせ

第8回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

[2019-02-12]

平成31年2月7日、前回の東京セミナーと同じ会場である、フクラシア東京にて、本年度最後の沖縄不動産投資セミナーを開催いたしました。

一階のホールに案内板が設置されているので、参加者がスムーズに会場へと向かうことができます。

今回は初めての平日開催です。今までは週末もしくは祝日にセミナーを開催してきましたが、実験的に最後の日程を平日の少し遅めの時間に設定してみました。第1回が15時開始、第2回が18時開始です。スタッフは13時に会場に集合して、設営を行います。壁際にはスクリーンを設置します。

テーブルの上には各種資料とドリンクをセットします。

会場後方には物件パンフレットと図面集、中古物件情報などを用意しました。

このセミナーは沖縄県の事業である、「中小企業課題解決プロジェクト推進事業」のうち、「企業連携プロジェクト」として、沖縄県内で新築マンション開発事業を行うエールクリエイト株式会社及び株式会社住太郎ホーム、そして設計会社の株式会社チームアルファの三社からなる、プロジェクト連携体として、セミナーを主催しています。

セミナーは4部構成です

  1. 沖縄の不動産事情
  2. 沖縄の風土に合った住まいの設計
  3. 物件紹介(エールクリエイト)
  4. 物件紹介(住太郎ホーム)

まずは、エールクリエイトの伊敷常務より開会の挨拶及びセミナーの趣旨説明がありました。続けて、沖縄の不動産事情について説明がありました。

国内でリゾート感を味わうことができる日本有数の観光地である沖縄は、地震等の災害が少ないために、東日本大震災以降、移住する人が増えているとの説明がありました。加えて常夏のイメージがある沖縄の気候は穏やかで、夏は35度を超えることがめったにないこと、そして杉やヒノキがほとんどないために、花粉症の症状が出にくいとのことです。本日、来場された中にも、花粉症の時期は沖縄で過ごしている方がいらっしゃいました。

続いて、株式会社チームアルファの島袋氏より、沖縄の風土に合った住まいの設計について説明がありました。沖縄のマンションの間取りの特徴について説明がありました。それは、できるだけ間口を大きくとり、来客時の自由度や子供とのコミュニケーションを取りやすく、リビングと洋室・和室のつながりも重視することや、共働きが多い沖縄では、効率よく家事をこなせるウォークスルー型のプラン、海辺等、眺望のいい場所では、ユニットバスに大きめの窓を設けたビューバスプランが人気であること、加えて、キッチン脇には、昔から沖縄の家々に伝わる火の神(ヒヌカン)を祀る場所があると喜ばれます、といった解説がありました。

いよいよ物件紹介です。エールクリエイトからは、分譲中四棟、準備中二棟の物件説明がありました。那覇市内のワイズグレイスシティ赤嶺及ワイズグレイシティ久茂地、本島中部に位置するワイズグランスカイ南桃原及びワイズエステムコート北谷パークヒルズです。

準備中の二棟はいずれも那覇市内です。三月下旬分譲開始予定のワイズセントラルパークおもろまちは、ゆいレール「おもろまち駅」より徒歩7分、地上14階建、総戸数54戸です。おもろまち地域は人気が高く、近隣には小中学校やショッピング施設、DFSや県立博物館などがあるとのことでした。

続いて、こちらも三月下旬より分譲予定のエールクリエイト初の分譲型ホテル、ワイズイン那覇小禄駅前の紹介がありました。ゆいレール小禄駅より徒歩3分、地上10階建、全85室です。那覇空港にも近く、旅行客の始まりと終わりにも利用でき、夜12時まで営業しているイオン那覇店へも近く、非常に便利とのことでした。

住太郎ホームの當眞氏からは、分譲中の4物件。ベアーズコート上勢頭、ベアーズコートライカムグランデ、ベアーズコート桑江パークサイドに続いて、那覇市内のベアーズコート安里ステーションに紹介がありました。「自遊時間彩(じゆうじざい)」をテーマに、どこへでもアクセスできるこの場所から、自由に時を彩どる暮らし方、と言う意味が込められているそうです。続いて、二月中旬発売予定のスターターマンション園田。沖縄こどもの国(動物園)近くに位置し、地上3階、全9邸のマンションとのことでした。

セミナー終了後には、熱心に資料を閲覧される方や、営業マンに詳しい話を訪ねている方々が数多くいらっしゃいました。

18時からの第2回セミナーも盛況のうちに終わりました。本日のセミナーは申し込みが37組(45名)、参加が27組(31名)でした。ありがとうございました。初の平日開催でしたが、申込みは過去最高、参加者もそれに近い状況でした。今後は平日開催のセミナーも増やしていきます。

会場の片づけが終わった後、グランテラス東京で打ち上げをしました。これで今年度のセミナーはすべて終了です。また、来年度にお会いしましょう。

カテゴリー: セミナー タグ: