お知らせ

第7回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

[2018-11-29]

平成30年11月23日、札幌駅から徒歩10分の札幌グランドホテルにて、本年度第7回目の沖縄不動産投資セミナーを開催いたしました。元々は予定していなかった今回のセミナー、夏の札幌で開催したセミナーが大変な人気だったために、急遽、追加開催となりました。

第7回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

前日に札幌は大雪が降りました。夜中には市内で停電しました。ホテルの非常灯が付いたので、びっくりしておきました。その上、スタッフの一人が明け方に39.4度の発熱をしていました。幸い、インフルエンザではなかったのですが、セミナー前日から急に体調を崩したとのことです。今シーズン、初の大雪に来場者の皆様が心配になりましたが、夏靴を履いて南国から来た我々と違い、北海道の皆様はこの程度の雪は何ともなさそうです。

第7回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

第1回セミナーが13時開始、第2回が16時開始です。夏と同じホテルですが、会場は別の部屋となりました。スタッフで設営を行います。

第7回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

受付時間となりました。続々とセミナーにお客様が来場されます。席に着くなり営業マンとお話をされる方、資料に目を通される方など、沖縄不動産への高い関心がうかがえました。

第7回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

このセミナーは沖縄県の事業である、「中小企業課題解決プロジェクト推進事業」のうち、「企業連携プロジェクト」として、沖縄県内で新築マンション開発事業を行うエールクリエイト株式会社及び株式会社住太郎ホーム、そして設計会社の株式会社チームアルファの三社からなる、プロジェクト連携体として、セミナーを主催しています。

セミナーは4部構成です

  1. 沖縄の不動産事情
  2. 沖縄の風土に合った住まいの設計
  3. 物件紹介(エールクリエイト)
  4. 物件紹介(住太郎ホーム)

エールクリエイトの伊敷常務より開会の挨拶及びセミナーの趣旨説明の後に、事業の実施主体である沖縄県産業振興公社の鈴木氏よりご挨拶をいただきました。

第7回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

続けて、エールクリエイト伊敷常務より沖縄の不動産事情について説明がありました。

国交省が発表した2018年の公示地価の上昇率は、商業地で沖縄が全国2位、住宅地は昨年度に引き続き全国1位であったと解説がありました。このように地価が上昇するなかで、人件費や資材価格が高騰していることから、新築マンションの価格も上昇し、それに合わせて中古マンションの価格までもが上昇しているとのことです。実際の取引事例を示しながら、希少価値の高いエリアでは高いキャピタルゲインが得られているそうです。

第7回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

続いて、株式会社チームアルファの島袋氏より、沖縄の風土に合った住まいの設計について説明がありました。戸建て指向の強かった沖縄でも、近年の土地や建設費の高騰、土地収得が難しくなっている現状から、住まいの選択肢の一つとしてマンションが普及しているとのことです。また、沖縄には独自の風土が根付いているために、マンションにもその特徴が表れていることなどが説明されました。沖縄の古民家の作りが、マンションでも再現されているのは、とても興味深いです。

第7回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

いよいよ物件紹介です。エールクリエイトからは、分譲中四棟、準備中一棟の物件説明がありました。最初はワイズグレイスシティ赤嶺の紹介です。続いて本島中部、沖縄市に位置するワイズグランスカイ南桃原。同じく本島中部北谷町に位置するワイズエステムコート北谷パークヒルズです。そして、ようやく発売開始となったワイズグレイシティ久茂地について説明がありました。

ワイズグレイシティ久茂地は、ゆいレール「県庁前駅」より徒歩3分。地上11階建、総戸数27戸です。那覇の中心地に位置し、久茂地エリアでは33年ぶりとなる新築で、非常に希少性の高い物件です。1LDKもしくは2LDKの間取りは、セカンドハウスとしても最適です。

第7回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

住太郎ホームの森田氏からは、事業説明及びガーデニングへのこだわりの説明に続いて、4物件の紹介がありました。ベアーズコート上勢頭、ベアーズコートライカムグランデ、ベアーズコート桑江パークサイド、そして販売準備中のベアーズコート安里ステーションです。那覇市内、モノレール「安里駅」から徒歩4分、国際通りや新都心地域のほど近くに位置する、8階建て、14邸です。

第7回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

セミナー終了後には、多くの方が沖縄や県内不動産について質問されていました。今回は東京会場に申込みできなかったからと、札幌への旅行のついでにセミナーにご参加いただいた方もいらっしゃいました。

第1回のセミナー終了後はランチです。時計台ビルの地下で中華料理を食べました。

中華料理

16時からの第2回セミナーも盛況のうちに終わりました。本日のセミナーは申し込みが15組(24名)、参加が11組(18名)でした。ありがとうございました。

第7回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

会場の片づけが終わった後は、スタッフ全員で松尾ジンギスカンを食べに行きました。美味しかったです!

ジンギスカン

第3回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

[2018-08-09]

平成30年8月4日、札幌駅から札幌地下空間で直結している札幌グランドホテルにて、本年度第三回目の沖縄不動産投資セミナーを開催いたしました。東京や大阪と同じく、主要駅から地下通路で直結しています。今年度のセミナーでは、一番ゆったりとした会場です。

第3回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

案内板にもあるように、前回に続き今回も台風です。しかも、セミナー会場のある大阪直撃との予報が出ています。来場されるお客様のことが心配です。

第3回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

8月の北海道はカラッとしています。実は気温は沖縄とさほど変わらないのですが、空気が違います。短い夏を思いっきり味わうかのように、札幌随一の繁華街であるススキノでは夏祭りが開催されていました。

第3回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

今回も大阪と同じく、第1回が13時開始、第2回が16時開始です。午後からのセミナーに備えて、会場の設営が終わると、ホテルのレストランで腹ごしらえです。ハンバーグを食べました。ちなみに、このホテルのレストランが、札幌名物「ラーメンサラダ」発祥の店だそうです。

第3回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

このセミナーは沖縄県の事業である、「中小企業課題解決プロジェクト推進事業」のうち、「企業連携プロジェクト」として、沖縄県内で新築マンション開発事業を行うエールクリエイト株式会社及び株式会社住太郎ホーム、そして設計会社の株式会社チームアルファの三社からなる、プロジェクト連携体として、セミナーを主催しています。幹事企業を代表してエールクリエイト伊敷常務のあいさつの後に、今回も引き続き、沖縄県産業振興公社の鈴木様よりご挨拶をいただきました。

セミナーは4部構成です

  1. 沖縄の不動産事情
  2. 沖縄の風土に合った住まいの設計
  3. 物件紹介(エールクリエイト)
  4. 物件紹介(住太郎ホーム)
第3回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

エールクリエイトの伊敷常務より沖縄の不動産事情について説明がありました。日本の最南端に位置する沖縄県は、地理的に東アジアの中心でもあり、アジア主要都市の多くが沖縄から4時間県内にあります。この地の利を生かして、那覇空港を起点に日本とアジアの主要都市を結ぶ貨物便ネットワークが構築されているとのことでした。アジアから多くの観光客が沖縄を訪れるのも、この地理的要因がありそうです。

第3回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

続いて、株式会社チームアルファの島袋氏より、沖縄の風土に合った住まいの設計について説明がありました。その中で、沖縄の伝統的な古民家に関する解説がありました。ヒンプン、アマハジなど、沖縄では今でも使う言葉ですが、実際はうろ覚えだったりします。古民家の間取りから、沖縄の伝統的な家づくりが、気候と調和した、理にかなったものであることが分かります。

第3回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

いよいよ物件紹介です。エールクリエイトからは前回と同じく、分譲中二棟、準備中三棟の物件説明が、ありました。まずは分譲中のワイズグレイスシティ古島、同じくワイズグレイスシティ赤嶺です。

ワイズグレイスシティ古島は、大型ショッピングセンターを中心に、多彩な商業施設が並ぶ新都心エリアへ古島駅から1駅で行けるアクセス便利な環境にあります。最上階10階の1003号室4LDKの物件について説明がありました。

ワイズグレイスシティ赤嶺はゆいレール赤嶺駅より徒歩5分。イオン那覇ショッピングセンターや小学校、中学校も徒歩圏内で、ショッピングはもちろん、通勤、通学にも便利な、充実した住環境にあります。

また、準備中の物件として那覇市中心部、県庁前駅徒歩3分のワイズグレイシティ久茂地は、1LDKながら、セカンドハウスとして利用される方はキッチンを無くすなど、プラン変更が可能です。続いて沖縄市南部のワイズグランスカイ南桃原およびワイズエステムコート北谷パークヒルズの二物件について概要説明がありました。

第3回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

最後は住太郎ホームの佐々木氏より、3物件の紹介がありました。まず、ベアーズコート八重瀬パークヒルズは沖縄本島南部に位置し、新中心市街地区として発展が期待されるエリアに位置しています。

そして、販売開始まもないベアーズコート上勢頭は、沖縄本島中部にある北谷(ちゃたん)町の標高43mに位置します。周りに高い建物がないために、遮るものがない視界が広がるのが特徴です。

そして、本年夏~秋頃に販売開始予定のベアーズコートライカムⅡは、7階から14階か1フロア1世帯の特殊住戸が特徴です。

第3回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

セミナー終了後も、多くの参加者より相談がありました。中古物件や賃貸物件の要望も多くいただき、活況のうちに終了いたしました。今回の申込みは25組39名、参加者は19組28名で、今年度最多の参加者となりました。

第3回 沖縄不動産投資セミナー in 札幌

打ち上げはみんなでススキノに行き、ジンギスカンを食べました。やっぱり本場は違いますね!