お知らせ

第8回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

[2019-02-12]

平成31年2月7日、前回の東京セミナーと同じ会場である、フクラシア東京にて、本年度最後の沖縄不動産投資セミナーを開催いたしました。

一階のホールに案内板が設置されているので、参加者がスムーズに会場へと向かうことができます。

今回は初めての平日開催です。今までは週末もしくは祝日にセミナーを開催してきましたが、実験的に最後の日程を平日の少し遅めの時間に設定してみました。第1回が15時開始、第2回が18時開始です。スタッフは13時に会場に集合して、設営を行います。壁際にはスクリーンを設置します。

テーブルの上には各種資料とドリンクをセットします。

会場後方には物件パンフレットと図面集、中古物件情報などを用意しました。

このセミナーは沖縄県の事業である、「中小企業課題解決プロジェクト推進事業」のうち、「企業連携プロジェクト」として、沖縄県内で新築マンション開発事業を行うエールクリエイト株式会社及び株式会社住太郎ホーム、そして設計会社の株式会社チームアルファの三社からなる、プロジェクト連携体として、セミナーを主催しています。

セミナーは4部構成です

  1. 沖縄の不動産事情
  2. 沖縄の風土に合った住まいの設計
  3. 物件紹介(エールクリエイト)
  4. 物件紹介(住太郎ホーム)

まずは、エールクリエイトの伊敷常務より開会の挨拶及びセミナーの趣旨説明がありました。続けて、沖縄の不動産事情について説明がありました。

国内でリゾート感を味わうことができる日本有数の観光地である沖縄は、地震等の災害が少ないために、東日本大震災以降、移住する人が増えているとの説明がありました。加えて常夏のイメージがある沖縄の気候は穏やかで、夏は35度を超えることがめったにないこと、そして杉やヒノキがほとんどないために、花粉症の症状が出にくいとのことです。本日、来場された中にも、花粉症の時期は沖縄で過ごしている方がいらっしゃいました。

続いて、株式会社チームアルファの島袋氏より、沖縄の風土に合った住まいの設計について説明がありました。沖縄のマンションの間取りの特徴について説明がありました。それは、できるだけ間口を大きくとり、来客時の自由度や子供とのコミュニケーションを取りやすく、リビングと洋室・和室のつながりも重視することや、共働きが多い沖縄では、効率よく家事をこなせるウォークスルー型のプラン、海辺等、眺望のいい場所では、ユニットバスに大きめの窓を設けたビューバスプランが人気であること、加えて、キッチン脇には、昔から沖縄の家々に伝わる火の神(ヒヌカン)を祀る場所があると喜ばれます、といった解説がありました。

いよいよ物件紹介です。エールクリエイトからは、分譲中四棟、準備中二棟の物件説明がありました。那覇市内のワイズグレイスシティ赤嶺及ワイズグレイシティ久茂地、本島中部に位置するワイズグランスカイ南桃原及びワイズエステムコート北谷パークヒルズです。

準備中の二棟はいずれも那覇市内です。三月下旬分譲開始予定のワイズセントラルパークおもろまちは、ゆいレール「おもろまち駅」より徒歩7分、地上14階建、総戸数54戸です。おもろまち地域は人気が高く、近隣には小中学校やショッピング施設、DFSや県立博物館などがあるとのことでした。

続いて、こちらも三月下旬より分譲予定のエールクリエイト初の分譲型ホテル、ワイズイン那覇小禄駅前の紹介がありました。ゆいレール小禄駅より徒歩3分、地上10階建、全85室です。那覇空港にも近く、旅行客の始まりと終わりにも利用でき、夜12時まで営業しているイオン那覇店へも近く、非常に便利とのことでした。

住太郎ホームの當眞氏からは、分譲中の4物件。ベアーズコート上勢頭、ベアーズコートライカムグランデ、ベアーズコート桑江パークサイドに続いて、那覇市内のベアーズコート安里ステーションに紹介がありました。「自遊時間彩(じゆうじざい)」をテーマに、どこへでもアクセスできるこの場所から、自由に時を彩どる暮らし方、と言う意味が込められているそうです。続いて、二月中旬発売予定のスターターマンション園田。沖縄こどもの国(動物園)近くに位置し、地上3階、全9邸のマンションとのことでした。

セミナー終了後には、熱心に資料を閲覧される方や、営業マンに詳しい話を訪ねている方々が数多くいらっしゃいました。

18時からの第2回セミナーも盛況のうちに終わりました。本日のセミナーは申し込みが37組(45名)、参加が27組(31名)でした。ありがとうございました。初の平日開催でしたが、申込みは過去最高、参加者もそれに近い状況でした。今後は平日開催のセミナーも増やしていきます。

会場の片づけが終わった後、グランテラス東京で打ち上げをしました。これで今年度のセミナーはすべて終了です。また、来年度にお会いしましょう。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

[2018-11-08]

平成30年11月3日、東京駅八重洲南口の真向かいにある、ユニゾ八重洲ビル(Unizo八重洲大厦)三階のフクラシア東京(福良奇雅東京)にて、本年度第6回目の沖縄不動産投資セミナーを開催いたしました。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

大阪に続き、今回も秋晴れ。いい天気です。どこかに出かけたくなるような陽気ですが、セミナーに来てくださることを祈念するしかありません。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

今回から東京会場も第1回が13時開始、第2回が16時開始になりました。共用スペースも広く、スペースに余裕のある会場です、東京駅からのアクセスも抜群です。スタッフで設営を行います。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

エレベーターを降りると、目の前に案内板が見えますので、参加者がスムーズに会場へと向かうことができます。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

このセミナーは沖縄県の事業である、「中小企業課題解決プロジェクト推進事業」のうち、「企業連携プロジェクト」として、沖縄県内で新築マンション開発事業を行うエールクリエイト株式会社及び株式会社住太郎ホーム、そして設計会社の株式会社チームアルファの三社からなる、プロジェクト連携体として、セミナーを主催しています。

セミナーは4部構成です

  1. 沖縄の不動産事情
  2. 沖縄の風土に合った住まいの設計
  3. 物件紹介(エールクリエイト)
  4. 物件紹介(住太郎ホーム)
第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

まずは、エールクリエイトの伊敷常務より開会の挨拶及びセミナーの趣旨説明がありました。続けて、沖縄の不動産事情について説明がありました。

沖縄県の人口は約145万人。その大半が沖縄本島の中南部に分布しています。そのため、分譲マンションも人口分布に基づいて、本島中南部に集中している旨の解説がありました。人口の多い市は、那覇市(32万人)、沖縄市(14万人)、うるま市(12万人)、浦添市(11万人)であり、これに宜野湾市(10万人)が続きます。上位5市だけで約80万人、沖縄県民の半数以上が住んでいることになります。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

続いて、株式会社チームアルファの島袋氏より、沖縄の風土に合った住まいの設計について説明がありました。これまでの実績として、米軍施設跡の街づくりのシンボルマークとして、北谷町美浜地区に建設した観覧車と一体の商業施設、本島南部の南城市にあった旧厚生年金休暇センターのリニューアル・プロジェクト、そして、昨年オープンした、リゾートウエディングの専門学校の建物の紹介と解説がありました。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

いよいよ物件紹介です。エールクリエイトからは、分譲中三棟、準備中一棟の物件説明がありました。ワイズグレイスシティ古島が完売したとの報告があり、続いて、ワイズグレイスシティ赤嶺の紹介がありました。

続いて沖縄市にある沖縄南インターチェンジ近くに位置するワイズグランスカイ南桃原。学校やスーパーが近いだけでなく、県内各地の観光地は主要施設への交通アクセスにも優れた、便利な街が特徴です。

ワイズエステムコート北谷パークヒルズは、東シナ海に面した西海岸の空と海を見渡す立地が自慢です。リゾートエリアとして人気の高い北谷町に位置します。

最後に、那覇市の中心部に建設予定のワイズグレイシティ久茂地について説明がありました。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

住太郎ホームの佐々木氏からは、事業説明及びガーデニングへのこだわりの説明に続いて、3物件の紹介がありました。ベアーズコート上勢頭、ベアーズコートライカムグランデ、ベアーズコート桑江パークサイドです。すべて沖縄本島中部に位置します。最後に、北谷(ちゃたん)町にあるモデルルームの説明がありました。来沖の際に連絡すれば、モデルルームと物件だけでなく、有名なヤギ料理の店までご案内します、とのことでした。

多くの方がセミナー終了後に、沖縄や県内不動産について質問されていました。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

第1回のセミナー終了後はランチです。ヤエチカこと八重洲地下街でチラシ寿司をいただきました。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

16時からの第2回セミナーも盛況のうちに終わりました。本日のセミナーは申し込みが13組(15名)、参加が11組(14名)でした。ありがとうございました。会場の片づけが終わった後に見えた、グラン東京の夜景がきれいでした。

第6回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

第4回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

[2018-09-14]

平成30年9月8日、品川駅港南口から通路で直結している品川インターシティにて、本年度第四回目の沖縄不動産投資セミナーを開催いたしました。

第4回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

午前9時に会場に集合し、全員で会場の設営をしました。本日のセミナーは第1回が11時から、第2回が14時半からです。午前10時半から受付が始まります。今回は前回の会場と違い、ゆったりとしているので、スクール形式としました。四回目と言うことで、スタッフ全員、慣れたものです。あれほどてこずっていた設営が、30分ほどで終わりました。

第4回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

セミナーが始まりました。土曜日の午前中ということもあり、第一回目は参加申込者の当日キャンセルや午後の第2回への参加変更等がありました。少々、参加者が少なめです。まずはエールクリエイト株式会社、伊敷常務による挨拶です。スタッフ全員が、沖縄のかりゆしウェアを着用しています。これ、夏はとても楽です。ゆったりしていて、通気性も高く、沖縄のみならず内地の夏でも快適に過ごせます。

第4回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

このセミナーは沖縄県の事業である、「中小企業課題解決プロジェクト推進事業」のうち、「企業連携プロジェクト」として、沖縄県内で新築マンション開発事業を行うエールクリエイト株式会社及び株式会社住太郎ホーム、そして設計会社の株式会社チームアルファの三社からなる、プロジェクト連携体として、セミナーを主催しています。

セミナーは4部構成です

  1. 沖縄の不動産事情
  2. 沖縄の風土に合った住まいの設計
  3. 物件紹介(エールクリエイト)
  4. 物件紹介(住太郎ホーム)
第4回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

エールクリエイトの伊敷常務より、沖縄の不動産事情について説明がありました。その中で、沖縄への観光客が、2017年度は過去最高の入域観光客数957万人に達し、そのうち外国人観光客は過去最高の269万人であったと解説がありました。特に外国からはクルーズ船の寄港回数が増加しており、2018年には662回が予定されているとのことです。このように、沖縄は外国からも熱い視線を浴びていると言えそうです。

第4回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

続いて、株式会社チームアルファの島袋氏より、沖縄の風土に合った住まいの設計について説明がありました。その中で沖縄の工芸であるミンサー織りについて言及がありました。島袋氏が現物を手にしながら、織物の柄である、五つの正方形と四つの正方形から成る幾何学模様が「いつの世までも」を意味し、これに「あなたを想っています。」「あなたを愛します。」と、女性が男性への想いを込めて織り込んでいた、という説明がありました。沖縄文化のロマンティックな一面を垣間見たようです。

第4回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

いよいよ物件紹介です。エールクリエイトからは分譲中三棟、準備中二棟の物件説明がありました。
ワイズグレイスシティ古島
ワイズグレイスシティ古島は、モノレール「ゆいレール」古島駅より徒歩4分。敷地の前後が幅広の道路に面し二方向に開かれた好立地のため、二方が道路に面した豊かな開放性を実現しています。

ワイズグレイスシティ赤嶺はゆいレール那覇空港駅のとなり、赤嶺駅より徒歩5分。敷地の三面が道路に接していることから、駐車場後方や駐輪場からの動線にも考慮し、建物南側にはサブエントランスを設置しています。

第4回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

そして、いよいよ販売開始となったワイズグランスカイ南桃原です。地上13階建・総戸数24戸、間取りは3LDK及び4LDK、竣工予定は2020年1月となっています。

また、準備中の物件として那覇市の中心部に位置し、国際通りまで徒歩2分という立地のワイズグレイシティ久茂地と、本島中部にあり、リゾートエリアとして人気の高い北谷(ちゃたん)町に位置するワイズエステムコート北谷パークヒルズの二物件について説明いたしました。

第4回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

最後は住太郎ホームの當眞氏より、全国住宅産業協会より優秀事業表彰を受賞した旨の説明の後に、3物件の紹介がありました。いよいよ残り三部屋となった、ベアーズコート八重瀬パークヒルズ。沖縄本島中部北谷町の高台に位置し、バルコニーからの眺望が自慢のベアーズコート上勢頭。そして、まもなく発売となるベアーズコートライカムⅡです。

セミナー終了後は営業マンとのフリートークのお時間です。多くの方々から物件や沖縄の不動産市況、中古物件についてのご質問をいただきました。

第4回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

お昼はスタッフ全員で天ぷらを食べました。沖縄の天ぷらと内地の天ぷらは、まったく別物です。とても美味しくいただきました。

14時半からのセミナーにも多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。今回のセミナーは、申込みが29組(34名)、参加が22組(27名)でした。

第4回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

今回のセミナー会場は、ご案内に「品川駅港南口より徒歩5分」と書いたものの、実際には10分くらい歩くような気がしました。何名ものお客様から「会場が遠くて不便だ!」と、お叱りを受けてしまいました。ゆったりとした会場ではあったのですが、初めて使う施設は事前に視察をしなければと強く反省したのでした。会場選びの難しさを痛感したセミナーでした。

次回は大阪でセミナーです。

第1回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

[2018-07-09]

平成30年6月30日、東京駅丸の内北口から地下通路で直結している丸の内ホテル会議室にて、本年度第一回目の沖縄不動産投資セミナーを開催いたしました。

第1回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

会議室の外からは、ホテルのレストランを眼下に望むことができます。すごい作りです。スタッフは午前9時に現地集合…なのですが、沖縄からの東京に入るスタッフがなかなか来ません。焦ります。30分後に無事、到着しました。

第1回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

本日のセミナーは第1回が11時から、第2回が14時半からです。午前10時半から受付が始まりますので、急いでセミナーの準備をします。今回はシアター形式で、部屋の後ろには物件資料なども準備しました。

第1回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

まもなくセミナー開始です。今年度、最初のセミナーだけにスタッフも少々、緊張気味です。満席近い状態で、少し部屋が狭く感じられました。こんなに多くの参加者が集まるとは思っていませんでした。うれしい悲鳴です。ほとんどの方が東京もしくは首都圏にお住いでした。

第1回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

まず、プロジェクト連携体、幹事企業のエールクリエイト株式会社 伊敷常務より挨拶と説明がありました。このセミナーは沖縄県の事業である、「中小企業課題解決プロジェクト推進事業」のうち、「企業連携プロジェクト」として、沖縄県内で新築マンション開発事業を行うエールクリエイト株式会社及び株式会社住太郎ホーム、そして設計会社の株式会社チームアルファの三社からなる、プロジェクト連携体として、セミナーを主催しています。

セミナーは4部構成です

  1. 沖縄の不動産事情
  2. 沖縄の風土に合った住まいの設計
  3. 物件紹介(エールクリエイト)
  4. 物件紹介(住太郎ホーム)
第1回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

エールクリエイトの伊敷常務より沖縄の不動産事情について説明がありました。不動産のみにとどまらず、沖縄県の経済事情や大型開発、地域の特性、今後の市況等を具体的なデータをもとに解説いたしました。

第1回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

続いて、株式会社チームアルファの島袋氏より、沖縄の風土に合った住まいの設計について説明がありました。今年から始めた、新しい取り組みです。不動産投資を目的とされている方々に対して、沖縄の風土や住まいの設計を、セミナーで解説するのはどうなるかとドキドキしましたが、改めて沖縄を知るきっかけになったと、おおむね好評をいただき、スタッフ一同、ホッとしました。

いよいよ物件紹介です。エールクリエイトからは分譲中二棟、準備中三棟の物件説明がありました。まずは分譲中のワイズグレイスシティ古島、同じくワイズグレイスシティ赤嶺です。

第1回 沖縄不動産投資セミナー in 東京
ワイズグレイスシティ赤嶺

ワイズグレイスシティ古島は、モノレール「ゆいレール」古島駅より徒歩4分。那覇市内では人気エリアの那覇新都心近くに建設される物件です。ワイズグレイスシティ赤嶺はゆいレール那覇空港駅のとなり、赤嶺駅より徒歩5分。駅近にも関わらず、清閑な住宅街に位置する物件です。

また、準備中の物件として那覇市の中心部に位置するワイズグレイシティ久茂地、本島中部、県内第二の都市沖縄市南部に位置し、高速道路とのアクセスも良好なワイズ南桃原(仮称)、そして、本島中部にあり、リゾートエリアとして人気の高い北谷(ちゃたん)町吉原に位置するワイズエステムコート北谷吉原(仮称)の三物件の概要について説明いたしました。

第1回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

締めは住太郎ホームより3物件の紹介がありました。現在分譲発売中のベアーズコート八重瀬パークヒルズ、本年7月中旬より販売開始予定、本島中部北谷町の高台に位置するベアーズコート上勢頭、本年秋ごろから販売開始予定、本島中部北中城村に位置する、九州沖縄地方で最も熱いショッピングエリア、イオンライカムのすぐそばに位置するベアーズコートライカムⅡです。

今回のセミナーでは販売準備中の物件が半数以上を占めたのですが、販売開始時には希望者の皆様にご連絡を差し上げる旨の説明がありました。 50分ほどでセミナーは終了。この後はお時間の許す限り、各物件の営業マンとのフリートークのお時間です。多くの方々から物件や沖縄の不動産市況、中古物件についてのご質問をいただきました。

第1回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

お昼は地下のレストランでフォーを食べました。

第1回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

14時半からのセミナーにも多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。今回のセミナーは、申込みが30組(40名)、参加が23組(32名)でした。また、沖縄銀行からもセカンドハウスローンの販促に担当者が参加してくださいました。

第1回 沖縄不動産投資セミナー in 東京

セミナー終了後、急いで羽田空港まで行き、沖縄への帰路につきました。天気予報では明日にでも台風が沖縄に接近するということで、急がないと飛行機が飛ばなくなってしまいます。自宅の家族も心配です。機内から見えた、雲間から漏れる夕日がきれいでした。

次回は大阪でセミナーです。